矯正治療の知識About Orthodontics

矯正治療

不正咬合の原因

不正咬合の原因は、遺伝⼦レベルの先天的なものと、⽣後の環境による後天的なものがあります。


なぜ不正咬合は治療すべきか

アメリカ矯正学会によると、不正咬合は様々な問題を引き起こす原因になります。
凸凹の⻭並びは⻭ブラシやフロスがとても困難になり、むし⻭や⻭周病を引き起こすことになります。また、⻭並びの不正によって、ある特定の⻭だけに重点的に咀嚼圧がかかると、その⻭の異常な摩耗や、その⻭を⽀えている⾻レベルの低下を引き起こす原因になります。
⾻格的な問題は、審美的要素にとどまらず咀嚼、嚥下、発⾳という⼝腔本来の機能不全を起こします。
それに加えて、あごを⽀える筋⾁や関節にとっても⼤きな悪影響を及ぼします。このように、不正咬合は、⾷事、発⾳、睡眠やその他の⽇常⽣活に⼤きな影響を与えることがあります。そして、矯正治療で噛み合わせを改善することで、素敵な笑顔を得られるだけでなく、あなたをより健康的にします。


矯正治療とは

⻭科矯正とは、⻭科の中でも専⾨性の⾼い分野です。実際に動かす⻭1本1本と、それを⽀えている⻭茎や⻭槽⾻に加えて、お顔を構成している顎⾻や顎の関節、筋⾁のバランスを総合的に評価していきます。
お⼦様の場合、まずは将来的な噛み合わせの⼟台になる顎⾻のバランスを整え、乳⻭から永久⻭への交換をスムーズに⾏わせ、あごとお顔の成⻑の⽅向や程度を考慮しながら治療を進めてまいります。
これらの成⻑が終了し、成⻑のコントロールをすることができない⼤⼈の⽅で、顎⾻のバランスを改善する必要がある場合、あごの⾻を切る⼿術を伴う矯正治療を⾏うこともあります。
その他にも、ブリッジやインプラントなどの前処置として⼀般⻭科の先⽣と連携して、その補綴処置を条件良く⾏うことができるように部分的に⻭を動かすこともあります。矯正治療では、噛み合わせと顎⾻とそれを⽀える筋⾁や関節を総合的に評価し、⼀⼈ひとり異なる条件において、その⽅にとって最適な噛み合わせを実現します。


To the Top