矯正治療の知識About Orthodontics

矯正用インプラント

従来では難しかった、歯の三次元的な移動をコントロールできる装置

矯正⽤インプラントは、1980年に初めて矯正治療に導⼊された、直径1.6~1.8mm・⻑さ6.0~10.0mmほどのチタン合⾦でできた⼩さなネジです。
矯正治療の、必要な時期にだけ使⽤されるもので、不要になったら撤去します。
この装置は、動かしたい⻭を動かすための動かない柱として⽤いられ、⻭を効果的かつ快適に動かすことができます。

⻭を動かすための柱は、なぜ矯正治療を⾏う上で重要なのでしょうか?

⻭を動かすということを、綱引きに例えてみます。綱引きの場合、動かしたい相⼿と同じ⼒で挑むと、相⼿を前に引っぱることもできますが、⾃分も前に引っぱられてしまいます。⾃分が全く動くことなく相⼿を前に引っぱるためにの⼀つの⽅法として、⾃分を⼤きな⽊にくくりつけて、⾃分が動かなくするような⼯夫があります。そうすれば、⾃分は前に引っぱり出されることなく、相⼿を前に引っぱってくることができます。この、⼤きな⽊の役⽬をする装置が矯正⽤インプラントなのです。
動かしたくない⻭は動かさず、動かしたい⻭だけを、動かしたい量と⽅向にコントロールするための小さな装置が矯正⽤インプラントなのです。

⼩さなネジが患者さんの負担を減らします

矯正⽤インプラントが普及するまでは、フェイスボウという患者さん自身が取り外すことができる装置が、この役割を担っていました。しかし、これは患者さんにとって煩わしいものであり、使⽤時間と比例して効果に個⼈差が出てしまいます。
矯正⽤インプラントは⼀度埋⼊すると、⻭槽⾻にしっかりと機械的な嵌合をするため、脱離してしまうことは稀です。このため、フェイスボウで起こり得る問題をすべて解決でき、たくさんの患者さんに受け⼊れられています。この⼩さなネジがとても⼤きな役割を果たすのです。

矯正用インプラントの利点

  • 効率的かつ確実に、⻭を移動させることができる。
  • 従来の⽅法より、患者さんの負担を軽減できる。

矯正⽤インプラントの埋⼊法とお⼿⼊れの⽅法

埋⼊する部位の⻭⾁にほんのわずかな⿇酔を⾏い、⿇酔がしっかり奏功していることを確認して矯正⽤インプラントを⻭⾁と⻭槽⾻に埋⼊していきます。埋⼊時、多少押されるような感覚があるかもしれませんが、これは⿇酔が効いていないわけではありませんので、⼼配しないで下さい。埋入処置は、10-15分で終了します。この矯正⽤インプラントは、治療終了時もしくは必要がなくなった段階で撤去されますが、その際は⿇酔を必要とせず、数分で終わります。
もしも、矯正⽤インプラントに対してすごく痛みが伴う処置ではないかとご⼼配なさっているのであれば、どうぞご安⼼下さい。
あなたが想像しているよりもはるかに痛みが少なく、安全な処置です。
埋⼊処置後は万が⼀のための鎮痛剤・抗⽣物質と専⽤の洗⼝剤・⻭ブラシをお渡しいたします。鎮痛剤はお痛みが出た時のみ服⽤していただき、抗⽣物質は指⽰通り飲み切って下さい。また、お家での⻭ブラシの仕⽅は、通常の⻭磨きに加えて、お渡しするタフトブラシにて、お渡しする洗⼝剤に⽑先を浸していただき、矯正⽤インプラント周囲を磨いて下さい。また、そして、最後にその洗⼝剤にて洗⼝していただきます。
矯正治療を⾏うすべての患者さんにこの矯正⽤インプラントが必要なわけではありませんが、必要な⽅にはたくさんのメリットがある治療法です。


To the Top